AEDや救命についてのWEBマガジン

WHAT’S NEWS新着記事

  • AEDの使い方

    プールでAEDを使用しても感電しないのか?プールでAEDを使う3つの注意点

    もうすぐ夏ですね!プールへ遊びに行く方も多いのではないでしょうか。 プールでは床が濡れていますが、AEDを使って周りの人が感電しないのか?と疑問に思った事はありませんか? AEDが必要なのはわかるけれど、その疑問を抱えながらAEDを使うことは非常に不安ですよね。 こちらの記事ではプールサイドでAEDを使う際の注意点をまとめて解説致します。

  • AEDの基礎

    AEDの仕組みを3ステップで解説!電気ショックの必要性についても

    AEDは誰でも使える医療機器として、初めて使う人でも倒れている人に電気ショックを行えるものである事はわかっているものの、いったいどういう仕組みでAEDが動いているのかを知っていますか? 意味をよく理解していないと、必要な事だとわかっていても電気ショックのボタンを押すことには勇気がいりますよね? こちらの記事ではAEDの仕組みと、なぜ電気ショックが必要であるのか?という疑問を解説致します。

  • AEDの基礎

    AEDが適応となる疾患や不整脈ってどんなもの?

    AEDは動きが止まってしまった心臓に電気ショックをする医療機器である事は知っているけれど、実際にどんな症状であれば電気ショックが適応になるのか知っていますか? AEDが必要な場面ではよく「1分、一秒を争う」と言われていますが、実際にどうしてそんなに時間が大事であるのかを聞かれると、理由を説明するのは難しいですよね? AEDが必要になる症状として代表的な不整脈は2つあり、実際にそういった不整脈になる原因は様々です。 こちらの記事ではどのような不整脈の時にAEDの電気ショックが必要となるのか?また不整脈の原因にはどのような事があるのかを詳しく解説致します。

  • AED購入

    AEDレンタルはダスキンにないので他のおすすめの会社を紹介します!

    AEDをレンタルする会社をお探しの方、特に法人や施設では既にサービスを利用しているダスキンから、AEDもレンタルできないかと考える人も多いのではないでしょうか? ダスキンのAEDであれば、普段から出入りをしている業者なので安心、AEDのために新規の取引先も増やさなくて良いといったメリットもありますよね。 しかし残念ながらダスキンではAEDのレンタルサービスはありません。 それではAEDをレンタルするには、他にどんな会社があるのか?重視するポイント別におすすめの会社を紹介致します。

PICK UPオススメ記事

  • AED購入

    マンションにAEDは必要?費用はいくら?マンションAEDの管理方法や費用を抑えるポイント・おすすめ機種を紹介!

    近年AEDを設置するマンションが増えてきています。 マンションに設置するAEDについてよく聞かれるのが、 ・そもそもマンションにAEDは必要なのか? ・AEDは高額で費用が掛かるのではないか? ・導入後のメンテナスや管理はどうするのか? といった内容です。 AEDが必要な状態では、倒れてから3分以内に電気ショックを行うと救命率は70%と言われており、AEDを設置する場所を考える時には一つの目安とされています。 救急車の到着を待っていては、3分以内にAEDによる電気ショックはできません。 AEDの最新機種は、普及を目指した低価格設定&ロングライフの機種も発売されており、 月額2,980円で整備する事が可能です。 AEDのメンテナンスについては、先に挙げた月額2,980円の機種であれば、消耗品の期限管理や交換用の消耗品費用もすべて含まれているため、本体の緑ランプ点滅を確認するだけでOKです。 こちらの記事では、マンションに設置するAEDの必要性や管理方法と、 マンションに設置するAEDのおすすめ機種をご紹介致します。 これから新たにマンションへAEDの導入を検討されている方や、現在マンションに設置しているAEDの更新期限が近づいている方も是非ご参考下さい。

  • AEDの使い方

    AEDは子供にも使用可能!注意点や小児用パッドの使い方を解説【図解】

    AEDは子供に使うことができるのか?子供にAEDを使う場合、大人とどのように違うのか知っていますか? 結論から言いますと、AEDは子供に対しても使用可能です。意外かもしれませんが、AEDは1歳未満の乳児にも使用する事ができるので、基本的にAEDが使用できない対象となる人はいないと考えてよいでしょう。 AEDを子供に使用する場合、使用するAEDに小児用パッド等がある場合にはそれを用いて電気ショックを行います。もしも小児用バッド等がない場合には、成人用パッドを用いでOKとされています。 子供に対してAEDを使用する事を考えると、様々な疑問が生まれると思います。この記事では、子供に対してAEDを使用する時の使用方法や注意点などをまとめておりますのでご一読下さい。 ※こちらの記事はJRC蘇生法ガイドラインを参考に記載しております。 ※本記事中の小児用パッドは『エネルギー減衰機能付き小児用パッド』を指します。

  • AEDの使い方

    サマリタンとは?評判・口コミ・スペックを徹底解説!価格は月額2,980円(税別)

    サマリタンというAEDは価格が安いけれど、品質はどうなの? あまり聞いた事がないAEDだけど、実際に売れているの? サマリタンについてそのような疑問をお持ちではありませんか? サマリタンは業界で最長の8年保証がついた非常に品質の高いAEDです。 価格については、8年間のロングライフAEDだからこそ月額の費用を安く抑える事ができます。 サマリタンのメーカーであるストライカー社は心臓に電気ショックを与える技術を世界で初めて開発した、AEDのパイオニアとも言えるメーカーです。 サマリタンは日本だけでなく、世界中で販売されており実績は十分です。 日本では発売からまだ2年程ですが、今後さらにシェアが伸びていくと思われます。 この記事では、サマリタンのメーカーや製品についてだけでなく、実際に購入して届いた箱の中身を写真付きで詳しくご紹介を致します。

  • AEDの基礎

    AEDの耐用年数は6年~8年。保証期間との違いを解説

    AEDには耐用年数があることをご存知ですか? AEDの耐用年数は6年~8年の間で、メーカーや機種によって耐用年数は様々です。 設置しているAEDの耐用年数が過ぎていた場合どうすればよいのか? 保証期間と耐用年数の違いは? このような質問を良く聞きます。 耐用年数とはAED本体の寿命を意味しており、 耐用年数を超過したAEDは速やかに本体を更新する必要があります。 保証期間とは、故障や不具合の際にメーカーが無償で対応をしてくれる期間です。 本記事ではAEDの耐用年数、保証期間、法定耐用年数について説明致します。 今AEDをお持ちの方だけでなく、これからAEDの設置をする予定の方も是非ご覧下さい。

AED製品情報(各社)をダウンロードする