AEDや救命についてのWEBマガジン

新着記事

  • AEDの使い方

    AEDのパッドを貼る位置は右前胸部と左側胸部!その理由とは?

    AEDの使い方はご存じですか? AEDは電源を入れると、使い方の音声ガイダンスが流れます。 そのガイダンスに沿って使用する事で、AEDは講習を受けたことがない方でも、 間違いなく使えるような仕組みになっています。 電極パッドには、パッドを貼り付ける体の位置の絵が描いてありますが、どのAEDも絵は右前胸部と左側胸部です。 その主な理由には、心電図計測都合の背景があります。 こちらの記事ではAEDの使い方、およびAEDの電極パッドを貼る位置の詳しい理由について解説致します。

  • AEDの使い方

    プールでAEDを使用しても感電しないのか?プールでAEDを使う3つの注意点

    もうすぐ夏ですね!プールへ遊びに行く方も多いのではないでしょうか。 プールでは床が濡れていますが、AEDを使って周りの人が感電しないのか?と疑問に思った事はありませんか? AEDが必要なのはわかるけれど、その疑問を抱えながらAEDを使うことは非常に不安ですよね。 こちらの記事ではプールサイドでAEDを使う際の注意点をまとめて解説致します。

  • AEDの使い方

    AEDの仕組みを3ステップで解説!電気ショックの必要性についても

    AEDは誰でも使える医療機器として、初めて使う人でも倒れている人に電気ショックを行えるものである事はわかっているものの、いったいどういう仕組みでAEDが動いているのかを知っていますか? 意味をよく理解していないと、必要な事だとわかっていても電気ショックのボタンを押すことには勇気がいりますよね? こちらの記事ではAEDの仕組みと、なぜ電気ショックが必要であるのか?という疑問を解説致します。

  • AEDの使い方

    AEDが適応となる疾患や不整脈ってどんなもの?

    AEDは動きが止まってしまった心臓に電気ショックをする医療機器である事は知っているけれど、実際にどんな症状であれば電気ショックが適応になるのか知っていますか? AEDが必要な場面ではよく「1分、一秒を争う」と言われていますが、実際にどうしてそんなに時間が大事であるのかを聞かれると、理由を説明するのは難しいですよね? AEDが必要になる症状として代表的な不整脈は2つあり、実際にそういった不整脈になる原因は様々です。 こちらの記事ではどのような不整脈の時にAEDの電気ショックが必要となるのか?また不整脈の原因にはどのような事があるのかを詳しく解説致します。

  • AED購入

    AEDレンタルはダスキンにないので他のおすすめの会社を紹介します!

    AEDをレンタルする会社をお探しの方、特に法人や施設では既にサービスを利用しているダスキンから、AEDもレンタルできないかと考える人も多いのではないでしょうか? ダスキンのAEDであれば、普段から出入りをしている業者なので安心、AEDのために新規の取引先も増やさなくて良いといったメリットもありますよね。 しかし残念ながらダスキンではAEDのレンタルサービスはありません。 それではAEDをレンタルするには、他にどんな会社があるのか?重視するポイント別におすすめの会社を紹介致します。

  • AEDの使い方

    【ASUKAモデル】判断が「わからない」のであれば119番通報とAEDの手配を

    「ASUKAモデル」という言葉を聞いたことはありますか? ASUKAモデルは実際に起こった悲しい事故をきっかけに作られた、教員研修等のための体育活動時等における事故対応テキストです。 人が倒れている時に、本当に意識がないのか?呼吸をしていないのか?といった事を正しく判断する事は難しいですよね? そんな多くの人が知っておくべき事がASUKAモデルにはあります。 こちらの記事ではASUKAモデルについて詳しく解説致します。 ※この記事は主にさいたま市ASUKAモデルホームページを参考に記載しております。

  • AEDの使い方

    死戦期呼吸は命の危機を知らせる合図!判断に迷ったら直ちに胸骨圧迫を

    「死戦期呼吸」という言葉を聞いたことありますか? AEDが必要な状態に陥ると、「死戦期呼吸」というしゃくりあげるような不規則な呼吸の状態がみられることもあります。 本来であれば、死戦期呼吸は心停止として判断をし、直ちに胸骨圧迫やAEDを用いた心肺蘇生が必要となりますが、死線期呼吸を知らない人では、その状態を見て呼吸があると考え、胸骨圧迫が遅れてしまいます。 万が一のために、是非この死戦期呼吸について理解を深めていただき、もしものために備えましょう。

  • AEDの基礎

    中古AEDを安いだけで購入してはならない5つのポイント

    AEDを導入したいが、非常に高価なもので予算が足りない。 車などと同じで、中古のAEDであれば安くてそのまま使えるのではないか?と考えていませんか? しかしそれと同時に中古品のAEDの安全性などについても気になりますよね? 中古品のAEDはきちんと安全性を約束されたものであるのか確認する事は難しく、また安易に中古のAEDを購入してしまうと、違反をしている業者から購入をしてしまったり、安く買ったつもりが、逆に割高となってしまうなんて事もあります。 こちらでは中古のAEDについて知っておくべきことや、AEDを安く購入する方法について解説致します。

  • AED購入

    サニクリーンのAEDレンタルサービス詳細まとめ。価格や講習会について

    サニクリーンといえば、清掃用品・掃除用品で有名ですが、実はAEDのレンタルサービスも提供をしています。 サニクリーンでレンタルしているAEDはどんなものなのか?サービスや価格などについても気になりますよね? こちらではサニクリーンのAEDについての詳細をまとめて詳しく解説致します。 ※地域によって商品・サービス内容・価格が異なる場合があります。

  • AED購入

    AED価格のしくみを解説。リースやレンタル、本当に安いのはこれだ!

    AEDの価格を調べると価格表などの掲載がなかったり、機種や販売会社によって値段に大きな差がある事に気づいて、いったいどうしてこんなに値段に差があるのか?と疑問に思う事ありませんか? また、購入方法は買取や月額支払いのリース・レンタルなど様々あるため迷ってしまいますよね? その他、レンタルと購入は将来的に見てどっちが安いのか?安く購入する方法は?一般の家庭にもAEDは設置できるの?…など沢山の疑問点があります。 AEDの価格のしくみとあわせて、こういった様々な不安や疑問について解説致します。

AED製品情報(各社)をダウンロードする